墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

大鳥神社 雑司が谷界隈 東京都豊島区

 前回のつづき。

鬼子母神を出て東に向かうと、300mほどで大鳥神社に着く。

f:id:massneko:20150228140832j:plain

 

お賽銭受けが独特。

f:id:massneko:20150228140815j:plain

 

こちらには恵比寿様が祀られている。

f:id:massneko:20150228140842j:plain

 

鳥居の正面には都電が通る。

f:id:massneko:20150228141105j:plain

 

踏み切り上から北東(都電雑司ヶ谷駅方向)へは少し上っていく。

f:id:massneko:20150228141006j:plain

 

南西・鬼子母神前駅方向へは少し下りになる。

f:id:massneko:20150228141010j:plain

 

踏み切りを越えて100mほどで左折すると丘の上に清立院(本堂工事中)があった。こちらは毘沙門天だそうだ。お参りは別の機会とし、丘の端にあるマンションに沿って先へ進んだ。

f:id:massneko:20150228141249j:plain

 

 丘の上へ道をのぼって振り返ったところ。

f:id:massneko:20150228141549j:plain

 

その先には雑司ヶ谷霊園が広がっていた。

f:id:massneko:20150228141615j:plain

Wikipedia によれば「ジョン万次郎、小泉八雲夏目漱石島村抱月竹久夢二泉鏡花東條英機永井荷風サトウハチロー東郷青児大川橋蔵など著名人の墓が多くあり、夏目漱石の小説『こゝろ』の舞台にもなっている」

雑司ヶ谷霊園 - Wikipedia

 

 霊園脇のくねくね道は「樹木優先」

f:id:massneko:20150228141625j:plain

 

雑司ヶ谷霊園内の公道。

f:id:massneko:20150228141733j:plain

 

上記の場所で霊園を背にして曲がる。「旧宣教師館」の行き先表示もあった。その先の「雑司ヶ谷幼稚園」の隣が旧宣教師館だったが、見過ごしてしまいうろうろしてしまった。

懐かしい雰囲気の小道。

f:id:massneko:20150228142049j:plain

 

梅は満開だった。

f:id:massneko:20150228142032j:plain

 

塀はちょっと手入れが必要か。生活感は漂っている。

f:id:massneko:20150228142102j:plain

 

車は通れない。道が細いからマンションにならずに残っている一角か。

f:id:massneko:20150228142125j:plain

一回りして、旧宣教師館へたどり着いた。

つづく。