墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東京工業大学(再訪) @大岡山

2/14、東京工業大学の蔵前会館で古墳に関する講演会を聴いた(内容は次回に)

開演前の時間に、前回(12月)と同様に東工大キャンパスを散歩した。

 

まずは図書館横(上)の人工の丘に上る。

正面に1934年(昭和9年)完成した本館(国登録有形文化財

f:id:massneko:20150214130237j:plain

前回もほとんど同じ画角で撮っていた。

 f:id:massneko:20141206130014j:plain

 

同じ場所から西側にうっすら富士山が見えた。

f:id:massneko:20150214130305j:plain

 

本館正面の通りは、桜並木。

f:id:massneko:20150214130416j:plain

 

となりではすでに梅が満開。

f:id:massneko:20150214130658j:plain

 

正面の左が、上の梅。

f:id:massneko:20150214130449j:plain

 

2か月前は公孫樹の季節だった(再掲)

f:id:massneko:20141206125705j:plain

 

あと1か月半で桜。太い古木が満を持しているようだった。

f:id:massneko:20150214130809j:plain

 

モニュメンタルな本館。

f:id:massneko:20150214130558j:plain

 

蔵前会館入口ホールには本館の模型があった。左右や奥に深く大きな建物であることがわかった。

f:id:massneko:20150214162434j:plain

 

キャンパス内の東急線を跨ぐ橋。入り組んだ線路と架線が見応えがあった。

f:id:massneko:20150214131024j:plain

 

 前回のエントリ。