読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「古代史 謎めぐりの旅」 関裕二著

関裕二さんの著作はいくつか読ませていただいている。大胆な発想で推理小説を読むような面白さがあって思わずひき込まれてしまう。

古事記・日本書記は「勝者の歴史」であり、書かれなかったことに真実がある、ということは、なるほど!と思う。

そんな関裕二さんが書いた「古代への旅」のガイドブックの文庫版。

古代史謎めぐりの旅 神話から建国へ (講談社+α文庫)

古代史謎めぐりの旅 神話から建国へ (講談社+α文庫)

 

 

ガイドブックとして素晴らしい。

食事や宿泊のおすすめまで丁寧に紹介されている。

出雲、北九州、東北、奈良と、どれも行きたいところばかり。全箇所、行ってみたくなるように、読者を誘う。

 

おわりに、の箇所に下記の文がある。

「これはとても不思議なことなのだが、現地に赴いてみて、はじめて謎が解けたということが少なくない」

ご自身の邪馬台国論も、そこ(福岡の高良山)へ行ってみて固まったそうだ。

思い立ったら行けるように、そばに置いておきたい一冊です。