読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

ロンドン自然史博物館 大英博物館  ナショナルギャラリー @ロンドン

ロンドン観光、博物館、建築物

旅行の5日目・最終日は博物館巡り。

はじめに訪れたロンドン自然史博物館は大聖堂と見まがう建物。

自然史博物館建設のコンペが1864年に開かれ、ロイヤル・アルバート・ホールやヴィクトリア&アルバート博物館などを手がけたフランシス・フォークに決まったが翌年過労で亡くなり、アルフレッド・ウォーターハウスが大幅に手を加えながら引き継いで1880年に完成した。(Wikipediaより)

f:id:massneko:20140823185124j:plain

土曜日ということもあって家族連れで大賑わい。外で10分~15分並んで中に入ると「ディプロドクス」の骨格と対面する。

隣の恐竜ルームに向かう行列が続いていたので最後尾についた。

f:id:massneko:20140823194822j:plain

上記の写真の背面、大きな階段の踊り場ではダーウィンがこの状況を眺めていた。

f:id:massneko:20140823194808j:plain

 下は、恐竜ルームにはいってすぐの骨格。

f:id:massneko:20140823192532j:plain

じりじりとしか進まない列に3、40分程ついていくと、TーRex(ティラノサウルス)の動く模型があった。実物の骨格が見られると勝手に思っていたので、これは期待はずれ。

f:id:massneko:20140823193945j:plain

その他にも広大な展示室が広がる(収蔵品数は7000万点以上)が、大勢の人が通路を行き交って自由に動けない。やっとの思いで「Red Zone(旧地質ギャラリー)」の入口まで行ったが、時間が読めないので「次の機会」とした。

 

外へ出て新鮮な空気を吸ってバスに乗り、大英博物館を目指してトッテナム コート・ロード駅へ。

少し歩いて博物館西側に出た。雰囲気のよい街並み。

f:id:massneko:20140823211944j:plain

上の道を進んで左折すると入口に出る。

この正面玄関は1850年頃に、ロバート・スマークの手によって完成。

ということはセントポール大聖堂の140年後で、自然史博物館の30年程前。

ギリシア神殿のようだが、目玉の収蔵品群の「エルギン・マーブル(アテネのパルテノン神殿から外交官エルギン伯が持ってきて1816年に博物館に寄贈した彫刻群)」と呼応しているように見える。

f:id:massneko:20140823212700j:plain

正面をはいって直進するとすぐに、グレートコート。

600万人の年間来訪者を心地よく収容することに貢献している。

2001年に旧大英博物館図書館の書庫を取り壊して円形閲覧室だけを残し、全体をガラス屋根で覆うという大改修がノーマン・フォスター(ここも!)の手により行われた。

f:id:massneko:20140823212949j:plain

大英博物館の解説は、宇仁義和という方のサイトが非常に充実している。

大英博物館

 ・エルギン・マーブル

f:id:massneko:20140823214429j:plain

・ロゼッタストーン 常にひとだかり。

f:id:massneko:20140823213444j:plain

ミイラも見ましたが省略します。

 

 ミイラの部屋の奥、階を上がったところに「日本」コーナーがあり、海を渡った埴輪と対面できた。

・埴輪 若女 

f:id:massneko:20140823221203j:plain

折角なので上の埴輪の英文解説もそのまま写します。

Haniwa of a young woman

This tomb figure is about 1500 years old. It was originally placed on a mounded tomb to recreate scenes from the life or the person buried there.The woman is performing some kind of dance of ritual. Her hair is tied on top of her head, and she wears a bead necklace.

Haniwa are always simple and direct in style and have inspired modern artists, as you will see upstairs. (→現地ではここまで読まなかったので、影響を与えたアーティストが誰かは思い出せません)

Japan earthenware, about AD 500s.

Given by Sir. A W Francs (Gowland Collection)

 

・埴輪 武人

Tomb figure of a chieftain

This haniwa tomb figure is thought to represent a chieftain. Her wears a tall, wide-brimmed hat, his hair is plaited in a style called mizura, and there is a sword of his belt. All the tomb figures in this case come from Ibaraki prefecture in eastern Japan. It was in this region that haniwa production became the most advanced.

Earthenware, about AD 500s.

f:id:massneko:20140823221539j:plain

千葉県でもよく見る、とんがり帽子と三角ひげの男。

芝山はにわ博物館・釈尊館

 

上記の埴輪の解説カードの横に、埴輪全般の解説もあった。

埴輪

Haniwa : tomb figures

These clay figures are called haniwa and they date from about the AD 500s. Large numbers were arranged on top of rulers’ mounded tombs. Figures of chieftains, soldiers, entertainers and women recreated important scenes from the lives of those buried below. The sculptures’ features were simplified and exaggerated to be visible from a distance. The beauty and simplicity of haniwa clay figures have inspired many modern artists.

 

・埴輪 女頭

Young woman

This is the head from what was originally complete figure. The young woman’s hair tied in loops, her face is partly painted red and she wears a bead necklace. This suggests that she may be a performer of ritual dance or a sharman. The haniwa is said to come from Naka-cho, Higashi Ibaraki-gun, Ibaraki prefecture.

Earthenware, abou AD 500s.

f:id:massneko:20140823221452j:plain

 

 ・埴輪 武人

Warrior

This is the top half of what was originally a complete figure. The warrior’s face is partly painted red, he wears his hair in plaits (one is missing), and the protective gauntlets on his forearms may be part of armour. From the AD 400s military equipment and display became increasingly important in Japanese society. This is reflected by the haniwa, which began to depict warriors, quivers with arrows, and swords in sheaths.

Earthenware, said to come from Mito city, Ibaraki prefecture, about AD 500s.

f:id:massneko:20140823221810j:plain

 

陶棺も展示されていた。陶製のものを見るのは初めて。そのまま遺体を収めるには少し小さい印象だった。

Coffin

The dead ruler was placed in a stone or ceramic coffin inside the mounded tomb. The coffin was then surrounded by ceramic vessels and precious objects such as mirrous, beads, and weapons. William Gowland acquired this coffin from a priest at Hoonji temple, Toyonaka city, Osaka prefecture. It had been taken from a group of tombs called Taikozuka at Sakuraidani. The coffin was dug up, intact, when land was flattened for farming in 1883. The remains of kilns were also found. They were used to fire at high temperatures both the coffin and ceramics known as Sue wares.

Stoneware, Sue ware, about AD 500.

Given by Sir. A W Francs (Gowland Collection)

f:id:massneko:20140823221736j:plain

上記の陶棺の解説の横には、古墳文化の解説もあった。

古墳文化

Kofun: mounded tombs

About AD 250 - 710

Rulers were buried in large mounded tombs, known as Kofun, from about AD 250. These were probably inspired by earlier examples in Korea and China. Some tombs have a distinctive ‘key-hole’ shape. By the late 400s, a state called Yamato, around modern Nara, had become more powerful than its rivals.

Dead rulers were placed in coffins inside stone-lined chambers within tombs.

They were furnished with bronze mirrors, beads and ceramic vessels. Later, armour, weapons and horse-trappings were also included. Haniwa, clay cylinders, were arranged along the top of the mound.

 

縄文の土偶や石棒のコーナーに、なぜか「三つ目がとおる(第6巻)手塚治虫著」も展示されていた。解説を撮った写真がぶれて読めなかったので下記の写真だけですが。

f:id:massneko:20140823221627j:plain

この他に百済観音のレプリカや、戦国時代の武具、浮世絵や、野田哲也氏の作品群などが展示されていた。 

 

埴輪に囲まれたソファでしばし休息して、東側の回廊沿いに出口方向へ。

 途中で石斧や金属板のレプリカを触らせてくれるコーナーもあった。

f:id:massneko:20140823224534j:plain

 

途中で出会った興味深い展示物

・小さな像の焼き物(Fired clay figurine

セルビア出土だが、縄文の土偶の印象。こちらの方が鼻が高いけど。

BC4500年~4000年で土偶などの呪物が盛んに作られた縄文時代中期と同時代になる。

f:id:massneko:20140823224121j:plain

Fired clay figurine

Stylised human figures were common in the Neolithic cultures of eastern Europe. This seated figure is modelled in one piece and has incised decoration to indicate clothing and body ornaments. The holes in the ears, neck and shoulders could have held other decorative materials. It may have been a cult object, possibly a household deity.

Late Neolithic, about 4500-4000BC

Vinca, Serbia

 

・イングランドのお宝、サットンフーの兜

AD7世紀初頭なので、日本でも古墳時代の最後(飛鳥時代の初め)にあたる。

サフォーク州にあるサットンフーの舟塚・船葬墓~27mの舟(ship burial)で出土した。

f:id:massneko:20140823224748j:plain

博物館HPの解説 British Museum - A History of the World in 100 objects

レプリカも展示。ここまでわかるものなのか・・・

f:id:massneko:20140823224829j:plain

これが大英博物館の至宝になるのなら、群馬県の金井東裏遺跡の甲着装人骨も同等以上の価値を持つのでは。

講演 「古墳時代の武人について」 - 墳丘からの眺め

 

帰り際、ショップでちょっと借りて。 この兜は、ちょっと簡素化し過ぎかと。

f:id:massneko:20140823230211j:plain

 

その後、トラファルガースクエア行きのバスに乗る。

バスから見たレスタースクエアからコベントガーデンへの道は、かなりの賑わいだった。

f:id:massneko:20140823232727j:plain

 

最後の訪問場所は、ナショナルギャラリー。

現在の建物は3代目で、1832年から1838年にかけて建築家ウィリアム・ウィルキンスがデザインした。(Wikipediaより) つまり大英博物館ファサードの10数年前。

f:id:massneko:20140823234159j:plain

目の前のトラファルガー広場ではガザ地区を救え(STOPイスラエル支援)デモに遭遇した。

f:id:massneko:20140823234117j:plain

ナショナルギャラリーは、それほど混んでおらず、多くの素晴らしい作品をすぐ目の前でじっくり見ることができた。

ひと通り回ってカフェで休んでいたら突然の雨。広場の人々が入館してきてごったがえしたが、半時ほどで上がった。

f:id:massneko:20140824003738j:plain

この日に行った博物館・美術館はすべて無料。その「度量の大きさ」がロンドンを世界で一番観光客が多い都市にさせているのだと思う。

 

帰りはフルハムブロードウェイ行きのバスで、街を東西に横断した。途中で最前列にも座れた。

f:id:massneko:20140824022854j:plain

 

翌朝は、朝食後すぐに空港へ。

行き 8/19 11:15 成田発 → 8/19 15:45 ロンドン着

帰り 8/24 13:05 ロンドン発 → 8/25 8:50 成田着

の便でした。

 

ちなみにヴァージンアトランティック航空は来年2月より、この成田路線から撤退するそうです。

英ヴァージン、撤退は運賃競争の敗北と機材が原因か | FlyTeam ニュース