読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

タワーブリッジ @ロンドン

ロンドン観光、博物館、建築物

ハリーポッターツアーから戻って、タワーブリッジに向かう。

Euston駅で降りて、Euston Square駅で地下鉄に乗ってTower Hill駅を目指すが、一つ手前のAldgate駅止まりに乗ったので、そこから歩いてみた。

あたりはオフィス街で、初日にロンドンアイから見た「ウォーキートーキー」ビルも目の前にあった。

街の向こうに芝居の書割がある感じで、じっと見ていると遠近感がおかしくなってくる。

f:id:massneko:20140822235041j:plain

裏道を適当に南に進んでいくと塔が見えてきて、テムズ川に出た。すごい人。

f:id:massneko:20140823000216j:plain

ロンドン塔を横目に見ながら河岸を歩く。(タワーブリッジをロンドン塔:Tower of Londonや、ロンドン橋と混同する人は多いのでは)

f:id:massneko:20140823000752j:plain

かく言う自分も、タワーブリッジは上部の「渡り廊下」がエレベーターのように上下するものだと勘違いしていた。実際は下の跳ね橋が開閉する。

f:id:massneko:20140823000354j:plain

タワーブリッジの入場口はロンドン塔に近い方にある(タワー下側のガラスの張り出し部分)

f:id:massneko:20140823001041j:plain

タワーの高さは65m。

f:id:massneko:20140823001438j:plain

あえて階段で上ってみた。

1886年に着工、1894年に完成しており、頑丈に組まれた鉄骨で支えられている。

f:id:massneko:20140823002028j:plain

2つのタワーを上でつなぐ上部橋は44m。上部橋や塔屋内部は展望通路、博物館になっている。

ロンドンアイの3分の1の高さだが、川の上なので見通しがきく。

f:id:massneko:20140823002952j:plain

北岸には、さきほど間近で見た新しいビル群がよく見える。

f:id:massneko:20140823004123j:plain

南岸にはザ・シャードが聳え立つ。

f:id:massneko:20140823003813j:plain

ザ・シャードの右裾をズームすると、ロンドンアイの一部が見えた。

f:id:massneko:20140823003911j:plain

手前にはロンドン市庁舎(シティーホール)、設計はガーキンやミレニアムブリッジを手がけたノーマン・フォスター。

f:id:massneko:20140823003757j:plain

 

南側のタワーを降りて、一旦外に出るが、青い線に沿って進むと地下に降りるもう一つの入口があって、かつて橋を動かしていた蒸気機関(今は電力)が見られる。

f:id:massneko:20140823005807j:plain

なんとここで結婚式をしているカップルがいた。

f:id:massneko:20140823010233j:plain

こちらの普通の人は、やはり教会で挙げるパターンが多いのだろうか。

 

このあと、Tower Hill駅に戻って地下鉄で3つ目、Mansion House駅へ向かった。

つづく。