墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

二本榎通り ~ 泉岳寺(路地)@高輪

高輪の路地にハマりつつある。今の時期、日が長いので会社帰りに少し寄り道。

 

二本榎通り沿いの案内板。(前回は左端下の高輪警察署か桂坂を下った)

上が北西。「現在地」の右の「スリランカ大使館」の「ン」の字あたりから泉岳寺に続く小道があるので行った見た。

f:id:massneko:20140811181603j:plain

 

 消防署からの案内板までの通り沿いでは、古そうな看板建築が取り壊されていた。

f:id:massneko:20140811181257j:plain

そのすぐそばには閉店してしまった「虎屋」

赤坂に東京本店がある「とらや黒川」とは別の、昭和24年創業の和菓子屋さんだった。震災後に閉店したらしい。

http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13057622/

f:id:massneko:20140811181422j:plain

 

案内板の「ン」の字にある坂道を入っていく。車がぎりぎり通れる道。

f:id:massneko:20140811181756j:plain

 突き当たって右。ここからは車は無理。

f:id:massneko:20140811181855j:plain

奥が行き止まりのように見える路地。

f:id:massneko:20140811181908j:plain

途中に、なんと井戸が。台地の端の下だからだろう。

f:id:massneko:20140811181925j:plain

井戸のはす向かいには、昭和な木造建築が健在。

f:id:massneko:20140811181937j:plain

 その先の「突き当たりに見えた場所」から振り返った1枚。

f:id:massneko:20140811181958j:plain

 路地は右に続いている。

f:id:massneko:20140811181953j:plain

高輪学園の敷地を分断するように道が続く。道の上に2ヶ所連絡歩道橋がかかる。

f:id:massneko:20140811182015j:plain

 突き当たりの背の高いブロック塀を左折する。住居表示があるので「公道」だと認識できる。

f:id:massneko:20140811182049j:plain

細い路地でも自転車が通る。

f:id:massneko:20140811182126j:plain

と、急に開けて、高輪中学校・高等学校の校門前に出た。

f:id:massneko:20140811182154j:plain

校門前に泉岳寺があったが、すでに閉門。夏は18時、冬は17時までとのこと。

曹洞宗 泉岳寺 山門

f:id:massneko:20140811182216j:plain

 山門前に素敵な店構えの店があった。

f:id:massneko:20140811182226j:plain

紋屋という懐石料理店だった。

http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13039345/dtlphotolst/1/smp2/

 

中門を撮って泉岳寺駅の方へ歩き出したら、なんと会社の後輩にばったり会った。彼は泉岳寺から自宅へ帰るところで、まさに今来た井戸のある路地が通勤路なのだそうだ。カメラ片手の自分に出くわして、驚かしてしまいました。

f:id:massneko:20140811182413j:plain