墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

大崎の跨線橋(百反歩道橋)

前回の続き。

旧国際自動車教習所跡を訪ねた折、前から気になっていた「橋」にも寄ってみた。

大崎駅の南300mくらいのところ、りんかい線(湘南新宿ライン)と、新幹線・横須賀線とが交差する場所にある、錆だらけの跨線橋。

f:id:massneko:20140609181330j:plain

ネットで検索したら「百反歩道橋」という名前だった。

タモリ倶楽部でお見かけするダーリンハニー吉川さんの「私が好きな跨線橋」で、堂々第2位であることも判明。

http://warapappa.jp/archives/1396033.html

 

大崎駅方向は、複数の線路、電架柱、架線が複雑に交錯する。下を電車が通ると揺れる。

f:id:massneko:20140609181425j:plain

すぐ南側に新しい歩道橋が建設中。エレベータも付くようだ。

f:id:massneko:20140609181503j:plain

その向こうの高架の上は、東海道新幹線が頻繁に通過する。

f:id:massneko:20140609181403j:plain

横須賀線も通過する。通過すると橋も振動(共振?)する。

新しい橋からは、さらに横須賀線に接近する。

f:id:massneko:20140609181529j:plain

一旦降りて、南側から見た跨線橋。よく見るとネットが張られている。

これだけ錆びると見事では? 

f:id:massneko:20140609181755j:plain