墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

明治大学博物館 @御茶ノ水

御茶ノ水駅の西口の近くに明治大学アカデミーコモンがある。ガラスを多用した開放的な建物で2004年にオープン。その際に博物資料が統合されて「新博物館」となったそうだが、6/22まで10周年特別企画「明大博物館クロニクル」を開催している。

 

通りからは門もなく、建物前広場には若者が集っていて、キャンパスの雰囲気。

f:id:massneko:20140530124013j:plain

エスカレータで地下1階へ。今回の企画展は無料(常設展も無料)

写真も、手持ち撮りで自分の楽しみのため(ブログ含む)ならOKとのことで嬉しい。

f:id:massneko:20140530124128j:plain

明治大学では、1950年に文学部考古学専攻ができたそうだ。つまり調査研究自体に60年以上の歴史がある。今回の企画展は「コレクション形成の検証」がテーマになっていた。「考古部門」「刑事部門」「商品部門」に分かれていた。

始まりは、登呂遺跡、岩宿遺跡、夏島遺跡の発掘資料と、杉原荘介氏の個人コレクション。

f:id:massneko:20140530130400j:plain

その後1970年代までが「発掘ラッシュの時代」。

f:id:massneko:20140530130407j:plain

坂本万七氏(写真家:1900~1974)の寄贈コレクション。

f:id:massneko:20140530130425j:plain

帽子をかぶる男子埴輪(茨城県石岡市柿岡)

f:id:massneko:20140530130447j:plain

 そのコレクションには、中国の青銅器も。

f:id:massneko:20140530130508j:plain

下記の「弩機・前漢代(BC206~AD8)」は、引き金のある弓矢のようなものだろうが、今でも通用しそうな感じがした(先日逮捕された容疑者が作った、3Dプリンタ製の銃のようでは)

f:id:massneko:20140530130524j:plain

 

ここから地下2階の常設展へ。

階段を結構深く降りる。常設展会場は天井が高く、照明も凝っていて、資料が充実しているだけでなく、展示のされ方が美術展のようだった。

こちらも「考古」「刑事」「商品」の3部門に分かれており、複数の学芸員(ボランティア?)の方が、数組の観覧グループについて丁寧に説明をされていた。

考古部門は岩宿から。パネルには「相沢忠洋が発見し、明治大学が発掘した」とある。

f:id:massneko:20140530131328j:plain

相澤忠洋が発見した「槍先型尖頭器」は、岩宿の「相澤忠洋記念館」に行かないと見られない。昨年5月に訪れたが宝石のように美しかった。

http://massneko.hatenablog.com/entry/2013/05/07/093408

「槍先型尖頭器」(相澤忠洋記念館サイト)

http://www15.plala.or.jp/Aizawa-Tadahiro/tenji/sentouki/sentouki.html

 

黒曜石の展示も充実。長野県の星糞峠の「黒曜石採掘鉱山」の説明パネル。

f:id:massneko:20140530131835j:plain

数千年~1万年前では「黒曜石」を介した「ヒトとモノの交流」があった。

星糞峠は昨年8月に訪れたが、確かに山の中腹の小さな凹面の周囲のあちこちに、黒曜石の小さなかけらが「星の糞」のように輝いていた。

http://massneko.hatenablog.com/entry/2013/08/14/104753

f:id:massneko:20140530132108j:plain

金属器の前の時代では、黒曜石は「それがないと獲物を狩ることができない」生活必需品だった。塊を割り砕いた欠片も「細石刃(さいせきじん)」として骨角製の槍に装着したと考えられるそうだ(替刃方式の歴史は古い)

なお、現代でも「黒曜石の刃」のメスを愛用する外科医もいる、とプロ(外科医)の方から聞いたことがある。

 

刃を割り出す「剥離技術」にはシベリアから伝わった「湧別技法」と、西から太平洋側沿いに伝わった技法との違いがわかるそうだ。

f:id:massneko:20140530132002j:plain

縄文時代の出土品も充実。

f:id:massneko:20140530131758j:plain

平たい石に模様が刻まれた「岩版」が興味深かった。

f:id:massneko:20140530131809j:plain

重文もある。顔面付壷型土器。

f:id:massneko:20140530131616j:plain

弥生式土器も充実(ゆっくり見る時間がなかったので次の機会に・・・)

f:id:massneko:20140530131705j:plain

そして、古墳時代。日本列島東部に光をあてている。

f:id:massneko:20140530131541j:plain

 日本列島東部の古墳

オレンジが古墳時代前期(~400年)、薄紫が中期(400~500年)、青が後期(500~600年)、緑が終末期(600年~)

おそらく明治大学が発掘に関係したものなのか、大きくても載っていない古墳名取市の雷神山古墳や富津市の内裏塚古墳等々)があった。

f:id:massneko:20140530131536j:plain

 古墳時代の土器の型式とその年代がまとめられていた。わかりやすい。ありがたい。

f:id:massneko:20140530131449j:plain

古墳群に関する説明では霞ヶ浦北岸が取り上げられていた。

f:id:massneko:20140530131550j:plain

下図にある舟塚山古墳、三昧塚古墳、富士見塚古墳は、昨年5月に訪れたが、どれもきちんと整備された素晴らしいところだった。

http://massneko.hatenablog.com/entry/2013/05/07/094329

f:id:massneko:20140530131516j:plain

 

その北岸古墳のひとつ、舟塚古墳の人物埴輪が6体も展示されていた。

f:id:massneko:20140530131347j:plain

刀に手を掛けた武人。

f:id:massneko:20140530131401j:plain

兜の鋲がリアル。大きな球体が面白い。

f:id:massneko:20140530131406j:plain

冠をかぶっている。

f:id:massneko:20140530131416j:plain

 口端が上がっていて、しかも目じりが下がっていて親しみやすい顔の方も。

f:id:massneko:20140530131424j:plain

 

何度も訪れたい場所だった。

当館は大学施設でもあり、ウェブ上の解説が丁寧でわかりやすい。次回は「読んでから来よう」

 http://www.meiji.ac.jp/museum/archaeology/kouko.html

(できれば展示パネルもウェブ上に公開していただければ、大変ありがたいです)

 

 刑事部門の展示も「充実」。

目玉展示のひとつ「ニュルンベルグ鉄の処女」 高さ170cm位か。中に押し込める「串刺し系(処刑系なのか拷問系なのか解りかねるようだが)」

となりにはギロチン(両方ともレプリカ)もあった。

f:id:massneko:20140530130943j:plain

 

多分、半日いても飽きることのない、都会の穴場だと思います。