読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

船塚古墳(公津原8号墳) 成田ニュータウンの古墳⑥

今回の公津原古墳群探訪の最後の訪問地。

公津原古墳群中の最大規模の8号墳は、麻賀多神社から真東に1km程の赤坂公園内にある。

赤坂公園(市のHPでは赤坂地区公園)は、大きな図書館や消防署、保健福祉施設、2つの大型商業施設などに囲まれており、成田ニュータウンの中心に位置する。

公園前の大通りは、そのまま東に2kmほどで成田駅西口につながる。(ちなみに成田山新勝寺は、駅東口から北東に1kmくらいの場所になる)

広さ約7haで東京ドームのグランド5個分くらい。高低差が結構あって池もある。

f:id:massneko:20140420163855j:plain

 

船塚古墳は園内で最も標高の高い場所にある。

f:id:massneko:20140420164200j:plain

 

・船塚古墳(公津原8号墳) 前方後方墳 全長85m 高さ7m 7世紀代

以下は、「房総の古墳を歩く」より引用。

「千葉県では数少ない前方後方墳で、全長85mの印旛地域最大の古墳である。長方形に近い墳形をしている。後方部に石棺があったという伝承もあるが、発掘調査が行われていないので、詳細は不明である。また、墳丘の表面から埴輪片が採集されている。築造年代は7世紀代と考えられる。船塚古墳の隣には公津ヶ原9号(円墳)があり、開発前には船塚古墳の西南には、直径50mの大円墳や全長35mの帆立貝式の前方後円墳などがあったが、現在はその姿を見ることができない」

f:id:massneko:20140420164207j:plain

 

墳丘からの眺め(北方向)

7mという高さがあり、周囲にスペースが確保されているので、近景は広く見渡せる。古墳の大きさもよく実感できる。

f:id:massneko:20140420164248j:plain

 

前方部から後方部。

f:id:massneko:20140420164240j:plain

 

前方部から後方部。くびれ部は明確でない。

f:id:massneko:20140420164300j:plain

 

後方部から前方部。写真手前がくびれ部のように見えてしまうが、踏み跡が凹んでしまったようだ。

 f:id:massneko:20140420164339j:plain

 

その踏み跡のあるのぼり道。

f:id:massneko:20140420164403j:plain

 

後方部の角。

f:id:massneko:20140420164344j:plain

 

後方部の正面下から。

 

f:id:massneko:20140420164449j:plain

 

散策路から。後方部から前方部。

f:id:massneko:20140420164516j:plain

古墳の周囲は散歩道で囲まれていて、すべての角度から古墳をじっくり観察することが出来る。広々として気持ちの良い、「子連れ墳行」にお勧めしたい古墳。

 

前方部左下隅から。大きな布団が敷いてあるような感じがする。

f:id:massneko:20140420164618j:plain

 

前方部と小道を隔てて円墳がある。広い公園だが園内はこの2基のみのようだ。

・9号墳 円墳 全長13m 高さ2m

f:id:massneko:20140420164107j:plain

 

住宅街側からの公園入り口。石が多く使われている。こちら側は住宅街に面しており、散歩やジョギングを楽しむ人通りがあった。

f:id:massneko:20140420164959j:plain

 

帰りに成田市図書館で成田市のガイドマップ(成田ふるさとガイド2013)をもらった。新勝寺宗吾霊堂などの見所紹介の写真もあり奇麗なパンフレット。

 見開くと全体図、市街図があるが、なぜか公津原古墳群の記載が全くない。

f:id:massneko:20140427065432j:plain

 

古墳群はコンパクトにまとまっているし、国際空港からも近いし、貴重な観光資源なのではないかと思います。

 

今回、最後に「公津原」という名称について。

これは地域名ではなく、検索しても「公津原古墳群」がヒットする。

1994年に成田ニュータウンの南に接するように、新たなニュータウン「公津の杜」が開発され、そちらの地名となったが、「公津」の名称に関しては、もともと千葉県印旛郡あった「公津村」が1954年の合併で成田市となった経緯がある。さらに明治以前は、公津下方村とか公津台方村など、さらに細かく分かれていたそうだ。(Wikipediaを要約)

 

この「コウヅ」という地名が古代に遡れるものであれば、この地が「国府津」、つまり印波国(下総国?)の国の港だということを表すのでは、と想像逞しくすると楽しい。古代は、東京湾ではなく香取の海の方が交流が盛んで、「公津」が交通の要衝たる表玄関、物流の中心地であって人が多く住み富も蓄積して、公津原から龍角寺にかけての一大古墳地帯が築かれたのでは、と。