墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

九条塚古墳 須恵国の古墳⑦ 千葉県富津市

 三条塚古墳から県道157号に戻り、左を向くとすぐに小山がある。県道側には入り口はないが、「←九条塚古墳」の指示板のある小道で左折、周堤上の小道を回りこんでいくと民家の庭先に入り口があった。

入り口手前、手前が後円部、奥が前方部。

f:id:massneko:20140329144045j:plain

入り口には案内板が2枚ある。

f:id:massneko:20140329144114j:plain

・九条塚古墳 前方後円墳 墳丘103m 6世紀中葉

内裏塚古墳の次に古いが、100年近くの隔たりがある。横穴式石室の古墳としては千葉県最古。平面形態は、継体天皇の陵墓の可能性が強いと言われる大阪府高槻市今城塚古墳に近い企画をしている、とある。

f:id:massneko:20140329144127j:plain

後円部上の塚。これも石室石材ではないか・・・

f:id:massneko:20140329144206j:plain

後円部から前方部。

f:id:massneko:20140329144211j:plain

前方部から後円部も全く同じような絵。

f:id:massneko:20140329144302j:plain

前方の先、木々を通した風景もかろうじて見えるが、写すのは難しい。

f:id:massneko:20140329144254j:plain

もときた道を戻り、県道沿いから前方部。周溝には水がたまっていた。

 

f:id:massneko:20140329144637j:plain

 古墳の名前の由来を知りたかったがわからなかった。三条と九条があるが現在の地名にはない(どちらも下飯野)

「内裏」もあるから、都に見立てて名前をつけたのだろうか。

 

次に稲荷山古墳に向かったが、歩きではちょっと遠いかも。稲荷山古墳から青堀駅まで戻るのも30分くらい歩く。案内板はとても助かる。

f:id:massneko:20140329155050j:plain


続く。