墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

古墳保存に小学生が貢献

転載続きになってしまいますが・・・

 

児童”直訴”で古墳残った、取り壊し予定から一転保存 大津市

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000119-san-cul

 

ヤフーニュースに載っていた、産経新聞記事です。

小学生が、宅地開発で消失する古墳群の一部保存に貢献したとのこと。

写真を見ると、樹木が伐採されて墳丘の形が明確になり、小学校が古墳群に囲まれていることがよくわかる。(削平される前に行ってみたい)

子供たちは出現した現物を見て、授業で学んで、親しみを持ったことで、「何とかしなくては」と思ったのだろう。

「群」としては残らないのは残念だけど、一旦決まった開発を変更するのは、各方面の方々も大変だったと思います。よかったです。

テレビ番組にならないですかね。