墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

北野天神山古墳、菊間天神山古墳 菊間国(千葉県市原市北部)の古墳

前回からの続き

・北野天神山古墳 前方後円墳 全長(復元長)90m 5世紀後葉

東関山古墳と隣り合うように造られているが、なぜか同じ長軸上での天地の向きが逆になっている。

f:id:massneko:20140119144342j:plain

周囲は、道と民家。

f:id:massneko:20140119144408j:plainぐるりと回るがなかなか入り口が見つからない。

f:id:massneko:20140119144519j:plain

標柱の右手の先に、上り口があった。

f:id:massneko:20140119145003j:plain

墳頂の小さな祠。周囲が削られて後円部が円墳のように残っているようだ。墳頂も広いが傾斜している。

f:id:massneko:20140119144742j:plain

木があまり茂っていないので、眺望は結構ある。

f:id:massneko:20140119144755j:plain

左が北野天神山古墳、右が東関山古墳

f:id:massneko:20140119145259j:plain

 

次に、菊間天神山古墳を目指す。同じ台地上かと勘違いしてかなり迷ったが、一旦台地を降り、再度坂を上ってやっと見つけた。(下は坂を振り返ったところ)

f:id:massneko:20140119150541j:plain

左端の茂みが古墳。台地の矩面が少し崩壊している。数十年(多分)でこうなってしまうのに、1500年も墳丘を残しているのは奇跡的ではないか。

f:id:massneko:20140119150607j:plain

その矩面上からの眺め。グランドで少年が野球練習していたが、北風が強く吹きつけて凍えそうだった。

f:id:massneko:20140119150739j:plain

・菊間天神山古墳 前方後円墳? 全長39m 6世紀前後

f:id:massneko:20140119150647j:plain

案内板も整備されている。

f:id:massneko:20140119150719j:plain

案内板にあるように現状は円墳。墳丘の上と下に鳥居があった。

f:id:massneko:20140119151057j:plain

一礼して進む。

f:id:massneko:20140119150919j:plain

墳頂の小さな石碑は「カワイイ」系だった。

f:id:massneko:20140119151152j:plain

墳丘上は木々で眺望を得ず。墳丘下からは、市原の市街が見渡せた。

f:id:massneko:20140119151346j:plain

下に降りて村田川沿いを歩いた。

f:id:massneko:20140119151843j:plain

 

この後、大厩二子塚古墳を目指したが、見つけられずに敗退。また別の季節に再訪したい。天気はよいが非常に寒かった。