墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

我孫子の古墳① 前原古墳 水神山古墳 香取神社古墳

 11/10 我孫子の集まりに出席。

その場で配布された「我孫子ガイドブック」に複数の古墳の案内があり、早速いってみた。まず、手賀沼親水広場の「水の館」に駐車して、水神山古墳を目指して台地下の道路を歩くが、迷ってし通り過ぎてしまう。しかしそのお蔭で前原古墳に会えた。

・前原古墳 3世紀後半 方墳跡 1辺15m×2基 

平成21年の調査(高野山桃山公園の整備)で発見されたそうだ。

f:id:massneko:20131110103623j:plain

手賀沼を望む見晴らしのよい場所にある。

f:id:massneko:20131110103651j:plain

CG復元図。夫婦か兄弟か。2人並んで遠くを眺めているよう。

f:id:massneko:20131110103739j:plain

台地の上の新興住宅地をもどる形で、水神山古墳を目指す。

f:id:massneko:20131110103752j:plain

高野山桃山公園敷地内は除染作業中。古墳の場所の除染はそのあとか?

f:id:massneko:20131110103930j:plain

人に道を聞いたりして古墳らしいマウントを見つけるが、入り口がみつからない。

「まっすぐ行って左にある」と言ったが、古墳の名前も知らなかったからなあ。

f:id:massneko:20131110104506j:plain

前方部側に入り口があった。

f:id:massneko:20131110105223j:plain

・水神山古墳 全長69m 4世紀末?

本来、手賀沼が見渡せる位置にあるが、現状は樹木でさえぎられて見えない。

f:id:massneko:20131110105124j:plain

前方部から後円部。

f:id:massneko:20131110105008j:plain

前方部下から後円部。

f:id:massneko:20131110104847j:plain

同じく前方部下から後円部。

f:id:massneko:20131110105050j:plain

後円部から前方部。

f:id:massneko:20131110104921j:plain

さらに、香取神社古墳へ。参道左手に円墳が残る。

f:id:massneko:20131110105828j:plain

円墳近景。

f:id:massneko:20131110105636j:plain

2本の木が、仁王のように立つ。

f:id:massneko:20131110105653j:plain

参道の急な階段を下ると、大公孫樹がそびえる。

f:id:massneko:20131110105852j:plain

台地下、道路沿いの参道入り口。茂みでわかりにくい。

f:id:massneko:20131110105959j:plain

水の館に戻る。安田かんの大理石がなにげなくある。

f:id:massneko:20131110111520j:plain

博物館展望台から水神山古墳方向。正面の小山がそう。

f:id:massneko:20131110111213j:plain

孫子側の眺め。

f:id:massneko:20131110111157j:plain

手賀沼。

f:id:massneko:20131110111659j:plain

すぐ隣に、鳥の博物館が。

f:id:massneko:20131110111940j:plain

膨大な剥製が展示されている。

f:id:massneko:20131110112312j:plain

お客さんがいない。

ので学芸員の方と話す。貴重な生き物なので、剥製を集めるのは大変だそうだ。剥製にするために殺すことはできないので、死んだものを集める苦労があるそうだ。

f:id:massneko:20131110112306j:plain

渡り鳥は、太陽や星を目印にするそうだ。星なんて見えたのか。

磁気を感じるのかと思っていた。最長距離を渡るのは、「キョクアジサシ」で、北極圏と南極圏を往復するそうだ。剥製はなかった。

f:id:massneko:20131110112335j:plain