墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

箕輪駅跡 神明神社 神奈川県伊勢原市笠窪

前回のつづき。 お酒が入って気分よくなりながら、祭りで賑う比々多神社を後にした。 朝歩いてきた道を南へ進む。西側、畑の向こうの小山(中央やや左)は登尾山(とおのやま)古墳があったところ。右の中腹には立ち寄った展望台が見える。 北側を振り返ると…

野首古墳(御領原古墳群) 神奈川県伊勢原市三ノ宮

前回のつづき。 心敬塚古墳から伯母様橋を渡り、県道に出て南へ右折、マップにあった野首(ぬくび)古墳を目指した。 道沿いにあった大きな木造家屋。今はトタン屋根だが鬼瓦が乗っていた。 野首古墳は野菜販売の店の裏手に、ひっそり残っていた。 南側から…

心敬塚古墳 神奈川県伊勢原市三ノ宮

前回のつづき。 松山古墳で眺めを堪能した後は、400mほど北にある心敬塚(しんけいづか)古墳へ向かった。 墳丘からの坂下のバス停名は、伯母様(おばさま) 歩いてきた道沿いに「伯母様村観音」があり、このすぐ東で大山を水源とする鈴川に架かる橋も「伯母…

松山古墳 神奈川県伊勢原市三ノ宮

前回のつづき。 尾根上古墳を(遠目に)探訪後、比々多神社へ戻ってから境内から北に400mほどにある松山古墳へ向かった。 スマホマップを確認しつつ、のどかな山里を歩いていくと、枝道の坂上にそれらしき木立が見えた。 高さのある墳丘が残っていた。畦道を…

尾根山古墳群 神奈川県伊勢原市三ノ宮

前回のつづき。 登尾山(とおのやま)古墳から降りた後、山裾を北から西に回りこんで尾根山古墳群を目指した。 途中で望む大山方向。山頂はまだ雲の中だが稜線が見えてきた。 道沿いにあった関東ふれあいの道の看板。 神奈川県内にある17コースのうちのNo.10…

登尾山古墳 いせはら塔の山緑地(展望広場) 神奈川県伊勢原市坪ノ内・三ノ宮

前回のつづき。 埒免古墳の見学後は三之宮郷土博物館に、その素晴らしい副葬品が展示されている登尾山(とおのやま)古墳を目指した。 ぶどう畑の斜面を下りてきて、栗原川を渡る。 橋のたもとに塞座大神と刻まれた石碑があった。 そこにあった「栗原ふれあ…

埒免(らちめん)古墳 比々多神社元宮 神奈川県伊勢原市三ノ宮

前回のつづき。 比々多神社から北東側へ緩い傾斜を上り、振り返った境内の森。手前はぶどう畑。 左手にぶどう畑を見ながら道を進む。 すぐに、道に面して、埒免古墳の解説板があった。 埒免(らちめん)古墳埒免古墳は昭和39年に建物の建設中に発見されまし…

相模国三之宮比々多神社・三之宮郷土資料館・三之宮三号墳・下谷戸縄文遺跡 神奈川県伊勢原市三ノ宮

5月19日の土曜日、伊勢原市の三之宮郷土資料館にて、周辺の古墳から出土した副葬品の特別公開があることを知ったので訪ねてみた。 https://www.townnews.co.jp/0405/2018/05/11/431494.html 資料館は比々多(ひびた)神社の境内にある。 小田急線の伊勢原駅…

二子塚古墳 静岡県磐田市三ヶ野台

前回のつづき、今回の墳行で最後に訪ねた古墳は、御厨古墳群から1.5kmほど北にある二子塚古墳。太田川右岸の同じ尾根筋。 南北軸の前方後円墳はグーグルアースでも形がわかりやすい。 周囲は築浅の家が並ぶ住宅地で、きれいに整備された公園の西半分が墳丘だ…

秋葉山古墳 稲荷山古墳 静岡県磐田市新貝

前回のつづき。 当初予定はしていなかったが、現地で目にした案内板に2つの古墳(秋葉山古墳・稲荷山古墳)が出ていたので訪ねてみた。 東海道線の北側へ出て連常寺へ。境内の外にスロープがあったので徒歩で上る。 擁壁部分は東海道線を通すときに削った跡…

高根山古墳 神明古墳(?) 兎山古墳(?) 目隠し山古墳 八王子古墳 御厨堂山古墳(御厨古墳群) 静岡県磐田市鎌田

高根山古墳は前回の松林山古墳の南東100mほどしか離れていないが、間が中学校の敷地になっていてぐるりを回っていく。下記の天楠神社が墳頂近くに鎮座。 時計回りに台地を降りると運動公園の駐車場があった。詳しい説明板も。 国指定史跡 御厨古墳群磐田原台…

松林山古墳(御厨古墳群) 静岡県磐田市新貝

前回のつづき。 遠江国分寺跡から東に3km強、太田川右岸の台地上に国指定史跡の御厨(みくりや)古墳群がある。 新幹線の高架を渡った先、磐田市立神明中学校の柵の前に案内板があった。 周辺の遺跡や寺院も記された案内板。台地の南裾には、磐田市内最古の…

遠江国分寺跡 静岡県磐田市見付

前々々々回までの、4月末の古墳旅の続きを。 当初は予定していなかったが、地図に遠江(とおとうみ)国分寺跡が現れたので立ち寄った。 兜塚古墳のあるスポーツ公園から700mほど南、磐田市役所の北隣り。 国分寺跡で国の特別史跡に指定されているのは、ここ…

パレットタウン大観覧車 @お台場

前々回のチームラボ展を見た帰り、会場の目の前にあった観覧車にも乗ってみた。 (「だいかんらんしゃ」を変換したら最初に「代官乱射」と出ました・・・) 乗ったのはチームラボを見た後だったので日没の時。空には「反薄明光線」が。 眼下のZepp Tokyoはイベ…

平田晃久・Discovering New展 @TOTOギャラリー間・乃木坂

まだ「梅雨」の季節だったときに訪ねた建築家展。 平田氏は1971年生まれの建築家。 斜めに組んだ足場のような細い棒に、立体的に建築模型が置かれていた。 「思考の雲」と名付けられている。 表と裏が連続するような形は海草からの着想(と、前回の日曜美術…

チームラボ・ボーダレス展(森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス)@お台場パレットタウン・東京

6月末の土曜日、オープンしたばかりのデジタルアート展へ家族で行ってみた。 入口は大観覧車の真下。 ネットで予約して、スマホの二次元バーコードで入場する。時間指定はないが1日当りの入場者数を制限していて、当日券は残っていなかった。 大人(15歳以上…

兜塚古墳 静岡県磐田市見付

前回のつづき。兜塚古墳は京見塚古墳から750mほど、土器塚古墳から850mほどにある、スポーツ施設が集まる公園に残されていた。古墳の名が公園名の由来になっている。 駐車場の脇にあった古墳の説明板。 兜塚(かぶとづか)古墳名前の由来兜塚古墳は古くから…

土器塚古墳 静岡県磐田市国府台

前回の京見塚古墳から南東へ600mほど、県立磐田西高校に近い住宅地の中に土器塚(かわらけづか)古墳はあった。 現地には標柱があるのみだったが、検索すると磐田市教育委員会文化財課が作成したパンフレット(pdf)に行き当たった。 https://www.lib-iwata-…

京見塚古墳 静岡県磐田市国府台

前回のつづき。 この日は掛川駅前で借りたレンタカーを使っていたので、浜松市浜北区の内野(うちの)古墳群を見たあとは、東に戻って磐田市の中心部に近い3つの古墳を巡った。 最初に寄ったのは京見塚公園。 現在の天竜川の流路からは3kmほど東だが、かつて…

二本ヶ谷積石塚群(つみいしづか広場・赤門川調整池) 静岡県浜松市浜北区染地台

前々回のつづき。 内野上古墳群の3古墳を見た後は、3~400m北西の谷に造られた二本ヶ谷積石塚群(にほんがや つみいしづかぐん)を訪ねた。 開発されたニュータウンの中で調整池として残された場所に、6基の積石塚(古墳)が保存されていた。公園の北側に駐…

東京都内・近郊の富士塚登拝のすすめ

富士山の山開きは7月1日(吉田口)だそうですが、東京近郊に数多く残る富士塚でも山開きの行事が開かれるところがあります。 富士塚は、江戸時代に富士講という富士山を神の宿る場所として信仰する人々によって築かれています。 富士講の開祖は角行(かくぎ…

稲荷山古墳(内野上1号墳) 静岡県浜松市浜北区内野台

前回の、山の神古墳の裾にあった周辺案内図。 稲荷山古墳はそこから150mしか離れていなかった。 バス停「内野台北」の後ろが古墳のある小公園。 樹木の中に円墳があった。 現地の説明板。 稲荷山古墳稲荷山古墳は、浜松市浜北区内野台4丁目の丘陵上にありま…

山の神古墳(内野上2号墳) 静岡県浜松市浜北区内野台

前回のつづき。 山の神古墳は赤門上古墳の200mほど北に残されていた。 階段下の説明板。 山の神古墳別名「内野上2号墳」とも呼ばれており、直径16m、高さ約1.8mの円墳です。墳丘の頂上部分に「山の神」を祀った祠があることから山の神古墳と呼ばれています。…

赤門上古墳(内野上3号墳) 静岡県浜松市浜北区内野台

前回のつづき。 蛭子森古墳の探訪後は、さらに西に5kmほど、天竜川西岸において複数の古墳群が集中するエリアへと向かった。 遠州鉄道の踏切を越える。次の機会にはこの赤い電車にも乗ってみたい。 内野上古墳群は台地の上に開発された住宅地の一画に保全さ…

蛭子森古墳 静岡県浜松市東区豊町

前回のつづき。 長者屋敷遺跡からは一旦南へ進んで天竜川を渡り、浜松市に入った。 最初に向かったのは蛭子森(えびすもり)古墳。 現在の天竜川からは1kmほど西に離れている。 道路脇に忽然と現れた。 金網の向こうがすぐ墳丘。 柵の向こうの樹木の下に石組…

長者屋敷遺跡 静岡県磐田市笠梅

前回のつづき。 銚子塚古墳、米塚古墳を巡った際に、 道路脇にあった「県指定史跡 長者屋敷遺跡」という看板に惹かれて立ち寄った。 周囲を浄水場施設に囲まれた一画。 入口は浄水場敷地に挟まれた通路のようで、中に入って意外に広くて驚いた。 説明板には…

米塚古墳(米塚1号墳) 静岡県磐田市寺谷

米塚(よねづか)古墳群は、前回の銚子塚・小銚子塚古墳から500mほど北東の、同じく天竜川の河岸段丘の縁に立地する。 形のよい円墳で周溝(と周堤も?)がきれいに残っている。 静岡県指定史跡の標柱と説明板。 説明板には別に8基の円墳についても記されて…

銚子塚古墳・小銚子塚古墳 静岡県磐田市寺谷

前回のつづき。 新豊院古墳の見学後は西に3km、天竜川沿いの段丘上にある銚子塚古墳へ向かった。 車が停められるスペースがあり、そのそばに説明板があった。 国指定史跡 銚子塚古墳 附(つけたり) 小銚子塚古墳天竜川を臨む磐田原台地の縁部に造られていま…

新豊院山古墳群 静岡県磐田市向笠竹之内

前回までの和田岡古墳群は掛川市にあったが、そこから袋井市を上部を横断して磐田市の古墳へ向かった。 最初の訪問地は新豊院山(しんぽういんやま)古墳群。 太田川を渡って「深見橋西」の信号待ちで。目指す古墳は正面の丘陵上にある。 太田川は天竜川の数…

吉岡大塚古墳(和田岡古墳群) 静岡県掛川市高田

今回の吉岡大塚古墳も和田岡古墳群に含まれる。 春林院古墳の前から吉岡大塚古墳へは一直線に500mほど。 途中は茶畑。 吉岡大塚古墳のそばで振り返った春林院古墳。こちら側の方が少し標高が高い。 吉岡大塚古墳は、周囲も含めて草木が刈られて鑑賞しやすい…