墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

細道・路地・小道

亀戸浅間神社と富士塚 東京都江東区亀戸

富士塚つながりで、亀戸浅間神社を訪ねてみた。 亀戸駅で降りるのは4年ぶり。神社の案内には駅から徒歩20分とある。 総武線ホーム東寄りの出口で降りて線路に沿って歩いていると気になるトンネルがあった。桁下制限高1.5mの表示だが、南側入口はもっと高い。…

十二社熊野神社とその界隈 東京都新宿区西新宿

前回のつづき。 成子天神社に参拝後、700mほど南西にある十二社(じゅうにそう)熊野神社へも行ってみた。 新宿中央公園に入って、その北辺を西へ向かう。 新宿区立の公園で面積は8.8万ha。 新宿中央公園 - Wikipediaによれば、元は熊野神社の敷地で、戦前に…

富坂~上富坂教会~右京山 東京都文京区小石川・本郷

前々々回のつづき。 常泉院の北の大通りは春日通り。この辺りは「富坂」の名が付く坂道。 近くには徳川家康の生母・於大の方や秀忠の娘・千姫らが眠る伝通院があるが今回は寄らず、中央大学門前の横断歩道を渡って住宅地を歩いた。 坂名板を撮りそびれたが下…

五反田・上大崎界隈の桜 東京都品川区西五反田・上大崎

4月10日のお昼時、五反田TOCの北東側の一辺に並ぶ背の高い桜並木。 花はまだ沢山つけているが緑の葉も目立ってきていた。 目黒川沿いの海喜館。敷地からぬっと出た桜。 建物の外観は痛んでいるが、宿として営業を続けているようだ。 こちらの方のブログに内…

崇元寺公園~沖縄県立博物館・美術館 沖縄県那覇市泊・安里・おもろまち

前回のつづき。 スマホでグーグルマップを見ていたら、「旧崇元寺石門」という史蹟の印が出ていたので寄ってみた。 ゆいレールが川沿いを通っている安里川の対岸に石垣がある。 正面に向かうと見事な三連アーチの石門があった。これがお寺の門だったとは。 …

那覇市久茂地(くもじ)~牧志2丁目界隈

前回のつづき。 空港を出てモノレールに乗り、この日に2つの博物館に寄ろうと思って県庁前駅で下車。駅前のパレットくもじの4階にある那覇市立歴史博物館はなんと翌日からの展示品入れ替えで休館だった・・・ くもじビルのテラスから那覇市役所の建物(2012年12…

胸突坂~浄心寺坂~八百屋お七の墓(円乗寺) 東京都文京区白山

前回のつづき。 路地エリアから本郷台地の端にある区立誠之(せいし)小学校の西側崖下に道を北へ。 小学校は平成30年から34年にかけて建て替え工事が行われるとのこと。 道沿いの土地が売り出し中になっていた。 その先に面白い遺構があった。 入れないよう…

曙坂~石畳の小路 東京都文京区西片・白山界隈

下記の本、「おれの細道」の最後の方で紹介されていた本郷界隈を訪ねるコースで、文京区白山1丁目の細道が気になったので訪ねてみた。 massneko.hatenablog.com 最寄駅は都営三田線の白山駅になるが、東京メトロ南北線の東大前駅で下車してグーグルマップに…

横須賀中央駅裏の石段道・中里神社・徳寿院 横須賀市深田台・上町・大滝町

前回のつづき。 横須賀市自然・人文博物館を訪ねた帰りに、駅の南側の丘上を廻った。 手すりと柵のある石段を登ると、家並みの対岸に中央公園が望めた。 すぐに道は下り坂に。 空が広い道。 その先の石段下から振り返って。 昭和風のお宅が残っていた。 バス…

田端八幡神社 赤紙仁王尊(東覚寺) へび道 東京都北区田端・荒川区西日暮里・文京区千駄木・台東区谷中

前回のつづき。 芥川龍之介旧居跡から西に歩くとすぐに、都道458号線の切り通しがある。 そこに架かる童橋(わらべばし) 右へのカーブで田端駅北口。 南へは、谷田橋交差点~動坂下交差点を経て、本駒込駅に突き当たる。 童橋の西側の住宅地を回りこんでい…

玉林寺と細道 東京都台東区谷中1丁目

今年になって、谷中のヒマラヤ杉を初めて訪ねたが、近くにある細道を歩きそびれていた。 massneko.hatenablog.com 下記の本でそのルートを見て、ヒマラヤ杉を再訪した。 「おれの細道 江戸東京狭隘路地探索」 黒田 涼 著 - 墳丘からの眺め 再訪後に調べてい…

戸越の細道 東京都品川区平塚

今回も細道。 戸越銀座駅は何度も来たことがあるが、このルートは「東京 記憶の散歩地図」という本に教わった。 東京 記憶の散歩地図 作者: 小池壮彦 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/03/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る…

二本榎通りからの細道 東京都港区高輪

前回のつづき。 泉岳寺を出た後、中門の南側の道を進むと、台地の端がむき出しになっている場所があった。 ストリートビューで過去の写真を見ると、2009年には高級そうなマンションが建っていて、道沿いには石垣と竹囲いがあった。 2012年に解体され、新たに…

桝箕稲荷神社 坂町坂 東京都新宿区四谷坂町

前回のつづき。 地下鉄の曙橋駅まで来たが、少し時間に余裕があったので案内図の右にあった珍しい名前の神社を訪ねてみることにした。 曙橋をくぐって靖国通りを東に向かい、斜めに入る小道へ。 ゆるいカーブを描く細道。 椿の木にメジロがいた。 津の守坂を…

市谷亀岡八幡宮 東京都新宿区市谷八幡町

前回紹介をした本にある”細道コース”へ新年のお参りを兼ねて訪ねた。 JR・東京メトロ市ケ谷駅(都営線は間がヶ)で下車。JRの駅(下の写真右奥)からはお濠の石垣を渡って外堀通り方向へ向かう。 外堀通りに面したビルの谷間に参道があった。 結構な高低差・…

「おれの細道 江戸東京狭隘路地探索」 黒田 涼 著

もともと古墳探訪をテーマとしたブログのはずが、神社や建物や坂道など雑多になっている感がありまづが、最近は細道に惹かれることも多いこの頃、そんな「好事家」向けに照準を合わせたガイドブックがあった。 おれの細道 〜江戸東京狭隘路地探索〜 作者: 黒…

面影橋・天祖神社界隈の細道 東京都新宿区西早稲田3丁目

3つ前のエントリのつづき。 目白台から下りて神田川を渡ると新目白通り。道路の中央を都電の専用軌道が走るがここに面影橋の停留所がある。 停留所の南側、新目白通りからはビルの裏側に天祖神社があるが、ここに魅力的な細道がある。停留所のやや西にある…

日本基督教団麻布南部坂教会~広尾の路地 東京都港区南麻布4丁目・渋谷区広尾5丁目

前回のつづき。 がま池見学の後は、広尾駅の方へと向かった。 麻布運動場を過ぎようとするあたりに現代美術館のような建物があった。 あとで住所から検索したら、アパホテル社長の邸宅との情報があった。 そこを過ぎて有栖川公園沿いの南部坂を下る。公園内…

元麻布の細道 東京都港区元麻布界隈

前回のつづき。 本光寺山門の東にあった「五」差路の細道。 行き止まりかと思いきや、結構先がある。左は崖。 一応通路のようだ。 振り返って。 普通の道につながっていた(振り返ったところ) その先には、30軒ほどの平屋建てが肩を寄せ合うように並ぶ一画…

堀田坂・鉄砲坂・北条坂 渋谷区広尾・港区元麻布の界隈

渋谷区東の台地上に行った折、その界隈を歩いてみた。 恵比寿から山種美術館へ上って246号の南青山7丁目 へ抜ける道は途中から尾根道のようになり、東側は渋谷川支流が削った地形へ下りて行く。 右はもときた台地に上り返す道(行き止まり) 豪邸のあるエリ…

妙蓮寺~菊名池公園~富士塚界隈 神奈川県横浜市港北区菊名・富士塚

8月のある日、お通夜があって妙蓮寺へ。 もともとお寺の敷地であったところに駅が出来たそう。 踏み切りからすぐに山門となる。 屋根の立派な本堂。 本堂は台地の斜面に立地しており、裏手には滝があった。 本堂前から山門方向。東急が通る。 もとは鎌倉期に…

蛇崩川支流緑道 東京都目黒区五本木・上目黒

前回のつづき。 アクセサリーミュージアムを訪ねようと祐天寺駅の西口側をグーグルマップの指示に従って歩いていたら素敵な小道に誘われた。あとで旧蛇崩川支流跡とわかった。 手前の道は祐天寺からのバスも通る。 川跡は対岸にも、東横線高架の方まで上流が…

国際通り界隈の商店街 沖縄県那覇市牧志

前回のつづき。 壺屋やちむん通り界隈を訪れた際に、隣のエリアにある国際通り南側のアーケード街もさまよってみた。 路地が網目のように入り組んでいて、迷路を歩くようで面白かった。 平和通り商店街の南側入口。 こちらの「えびす通り」には衣服の店が集…

首里金城町の石畳道 沖縄県那覇市首里金城町

前回のつづき。 那覇まちま~いで小禄の裏道を巡った後、出発便まで、もう少し時間があったので、ゆいレールの一日乗車券を活用して首里金城(きんじょう)町の石畳道へ行ってみた。 午前のまちま~いで歩いた真珠道の起点にあたるところ。 首里駅からは歩く…

那覇まちま~い「小禄に残る古道を歩く」ツアー・2

前回のつづき。 ゆいレール・奥武山公園駅の南西にある丘陵中腹の小道を、県道221号から南下してきた。 「ミーガーモー」を過ぎて 左手に広がった景色。 右側の丘陵へ上る行き止まりの道。奥にはお墓があるようだった。 ガイドの方に引率されて小道を右折し…

那覇まちま~い「小禄に残る古道を歩く」ツアー・1

前回と同日(4月中旬)だが、午後からの別のツアー。 パンフにあったコース紹介は下記のとおり。 那覇の南に位置する小禄で、戦前の集落風景をまだ残している地区を歩きながら沖縄の信仰と習慣を学ぶコースです。 集合場所は同じ場所、ゆいレールの奥武山公…

南青山~西麻布界隈

岡本太郎記念館へ行った際に歩いたその近辺。 記念館の北側にブルーシートで覆われた広い土地があった。 グーグルアースではまだ2棟の官舎が建っている(写真の中央・5丁目の字の下) 奥の建物は地中海料理の”リゾート”レストラン。 シカダ (CICADA) - 表…

代々木八幡宮・代々木八幡遺跡 東京都渋谷区代々木

前回のつづき。 登戸へ行った帰り道、代々木八幡宮を初めて参拝した。 地下鉄千代田線の代々木公園駅が小田急線代々木八幡駅に隣接していることも初めて知った。右の大きな緑は代々木公園。 地下鉄の1番出口から地上へ出て小田急線の跨線橋を渡る。 向かいの…

白金界隈の坂道と細道 東京都港区白金

前回と場所は連続するが、訪ねたのは別の日。 三光坂の上には長く続く塀に立派な門があり、樹木の間からお屋敷がちらりと見えた。 塀も高いので建物の姿がわかりにくいが、グーグルアースであれば。 服部セイコーの創業者・服部金太郎氏が1933年に建てた洋館…

白金台4丁目の煉瓦擁壁

前回の東大医科研のすぐ西側に魅力的な煉瓦擁壁があることを、ときどき拝見させていただいている下記のブログで知ったので現地へ行ってみた。 目黒通りの医科研表門から一本西側の通りを北へ入る。 さらに西130mにプラチナ通り(外苑西通り)が並行している…

白山古墳跡 夢見ヶ崎・加瀬台古墳群探訪その6 神奈川県川崎市幸区南加瀬

前回のつづき。 夢見ヶ崎の天照皇大神社から傾斜の急な石段を降りる。 石段の途中から。夢見ヶ崎の尾根が少し伸びていた。 かつてはさらにその先に、白山古墳(はくさんこふん)があったはず。 台地上にあった全体案内図(再掲) 急階段を下りて振り返ったと…

壺屋やちむん通り界隈・1 沖縄県那覇市壺屋

前回のつづき。 土曜日はブラブラできる時間が3時間程あったので、ブラタモリで紹介されていた登り窯を見ようと思い、ゆいレールの牧志駅で下車。 スマホを頼りに国際通りから裏道に入ってみた。 魅力的な路地だらけ。 陶片が埋め込んである道に出た。 道の…

長泉院附属現代彫刻美術館 東京都目黒区中目黒

ひと月ほど前、目黒川周辺を地図で眺めていたときに、ちょっと気になった美術館を訪ねてみた。 山手通りの目黒警察署前のバス停で下車。降りてすぐに”いい感じ”の細道があって吸い込まれる。(ご利用案内によれば「田道小学校入口」か「自然園下」が最寄りバ…

西殿塚古墳(手白香皇女衾田陵) 奈良県天理市中山町

前回のつづき。 中山大塚古墳から丘陵を上って来て最上部の古墳群に来た。さらに先は龍王山になる。 全長230mの大きな墳丘を持つ西殿塚古墳は、手白香皇女(たしらかのひめみこ:継体天皇の皇后)の衾田陵(ふすまだのみささぎ)として宮内庁の治定を受けて…

荒木町(四ッ谷)界隈 東京都新宿区荒木町

荒木町で会合の機会があったが、待ち合わせに20分ほど早く着いたので周囲を歩いてみた。 金丸稲荷神社に参拝。 境内から。 境内の「荒木町 奥の細道」に導かれる。 標識の方向へ坂を下る。 津の守弁財天が鎮座。 お隣は池。すり鉢地形の底はここだった。 「…

渋谷氷川神社 東京都渋谷区東

前回のつづき。 國學院大學博物館を出ると台地の縁に木立と神社の案内標識があった。 惹かれて境内に入っていくと境内の意外な広さに驚いた。 神楽殿もある。 筋骨たくましい狛犬。 台地の上から入ったので参道へは降りていく形。 石段を少し降りて振り返っ…

ジョイフル三の輪 三ノ輪橋 東京都荒川区東日暮里・台東区三ノ輪

前回のつづき。 ”地方橋”から三ノ輪までは一直線の「土手通り」を1km弱。 かつての日本堤の名残りで荒川(現隅田川)から江戸を守る目的で築かれたものであると後から知った。 浅草から三ノ輪まで続く日本堤は昭和初期に土手... - 一般教養 | Yahoo!知恵袋 …

服部坂 小日向神社 大日坂 鷺坂 今宮神社 八幡坂 鼠坂 東京都文京区小日向・音羽

前回のつづき。 小日向台町小学校の南東角から南へ進むとすぐ右手に閉ざされた団地があった。 今は開発待ちの感じだが、よく見ると説明板がある。 「ニトベ・ハウス」があった場所だった。 新渡戸稲造旧居跡 文京区小日向2-1-30付近 新渡戸稲造 文久2年(186…

新大塚駅界隈 富士見坂 東京都文京区大塚

前回のつづき。 煉瓦蔵を探していたところから。 丸の内線の新大塚駅出口がある春日通りの南西側は、豊島岡墓地との間が谷のような地形になっていた。 春日通り側からの斜度が結構きつく、すぐそばを並行する小道もこのような状態(左側が春日通り方向)にな…

清土鬼子母神 吹上稲荷神社 国史跡・先儒墓地 開運坂 東京都文京区目白台・大塚

前回のつづき。 日本女子大・成瀬記念館の前だけ見たあと、キャンパスの東縁の細道を雑司ヶ谷の方へ向かった。 不忍通りに出ると、道の向かいにお屋敷があった。 犬のシールが20枚以上。 屋根瓦の逆立ち獅子?が見事。 塀の前にあった文京区の旧町名看板。現…

白金台2・3丁目界隈

前回のつづき。 "白金台半島”から一旦下がって、再び台地上へ。 この台地の南縁に畠山記念館がある。 車は入れない崖縁の道。 昔の建物が残っている一画があった。 その背面には階段が。 階段を上がって振り返ったところ。 上記の背面を進むと、そこにも車の…

観音寺築地塀 蛍坂 岡倉天心宅(日本美術院)跡 東京都台東区谷中

前回のつづき。 朝倉彫塑館の見学後の、界隈の路地巡り。 微妙なカーブが魅力的な小道。 板塀の家の先は谷中霊園。 もとの道(朝倉彫塑館の前の道)に戻り、観音寺の先を右折すると築地塀があった。 「平成4年度 台東区まちかど賞」のプレートが付いている。…

須藤公園 谷中銀座 東京都文京区千駄木・台東区谷中

前々回のつづき。 旧安田楠雄邸の見学後に周辺を歩いたときのようす。 「谷根千」の千駄木3丁目付近の立派な塀。 こちらは、きれいな貼り石。 東側、旧石神井川が刻んだ谷へ降りる。 住宅街の先に公園があった。 文京区が管理する須藤公園は「公園」というよ…

西五反田・西品川の細道 東京都品川区

先月に歩いた品川区戸越近辺。 上記以外にも、付近に気になる細道があった。 品川区西五反田8-10あたり。 第2京浜の中原口から南東に坂を上っていく途中の右側。 側溝の蓋の方が幅がある。 通り抜けた先から振り返ったところ。左側は崖になっている。 「狭さ…

有楽町界隈 コリドー街の果て

忘年会へ向う途中。 新橋~有楽町間のJR高架沿い。 春にも撮った関係者以外立入禁止のエリア。 東京~有楽町~新橋 高架下 - 墳丘からの眺め JRガード下の有楽町産直飲食街。コリドー街の有楽町側突き当たり。 右手前で、いつも開いた魚がくるくる回って道行…

京極稲荷神社 長應寺 品川区荏原界隈

前回のつづき。 地蔵の辻(後地:うしろじ 交差点)から東へ、後地(うしろじ)商店街「京栄会」の通りを進んだ。 後地商店連合会ウェブページ 道沿いに小さな社と大きな神輿の保管庫があった。 鳥居をくぐって右側に社殿。 境内に解説板があった。ここには…

大崎駅西口、西品川一丁目再開発現場の状況(2015年11月中旬)

「しながわ魅力発見ツアー」に刺激されて、2ヶ月ぶりに西品川一丁目の再開発エリアを歩いてみた。 大崎駅西口にはいつのまにかバスターミナルが出来つつあった。 停留所は4ヶ所ある。 検索したら下記があった。12月7日からの夜行便から使用できるように準備…

「しながわ魅力発見ツアー 江戸時代の海岸線跡を歩く」・5 寄木神社 石積護岸 南品川宿問屋場・貫目改所跡 @品川区 新馬場駅界隈

前回のつづき(で今回がこのツアー報告の最終回) 八ツ山通りから寄木神社の境内に入った。神社の向きは反対側、猟師町を貫く旧道が正面となっていた。 弟橘姫と日本武尊による創建と、源義家が戦勝祈願をしたとの伝説がある古社。 以下の、しながわ観光協会…

「しながわ魅力発見ツアー 江戸時代の海岸線跡を歩く」・4 利田神社 御殿山下お台場 @品川区 新馬場駅界隈

前回のつづき。 旧東海道沿いの品海公園から八ツ山通りに戻り、100mほど北へ向かうと通り沿いに神社があった。 利田神社(かがたじんじゃ) 1626年(寛永3年)創立。元弁財天、洲崎弁天と呼ばれていたが明治になって改称。 八ツ山通りからは横向き、境内の…

「しながわ魅力発見ツアー 江戸時代の海岸線跡を歩く」・3 聖蹟公園~品海公園 @品川区 新馬場駅界隈

前回のつづき。 ツアーの休憩場所となった聖蹟公園はかつての品川宿の本陣跡。 地面に置かれた配置図。幾部屋もある大きな建物であったことがわかる。 上の写真は中央の縁側あたりから庭を向いた方向。 庭の名残りらしきスペースもあった。 説明板もあった。…