墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

千葉県の寺社、遺跡

神門5号墳 戸隠神社(本郷古墳群) 千葉県市原市

神門(ごうど)5号墳は上総国分寺の寺域の隣にある。 いちはら埋文講座で触れられたように、あとから造られた国分寺が墳丘を避けた経緯がある。 低地に向かって降りていく斜面に造られており、前方部が斜面の下、後円部が斜面の上に造られている。 下側の道…

上総国分寺 千葉県市原市

国分尼寺跡の後は、国分寺へ。ここは中台(なかで)遺跡でもある。 駐車場と道を挟んで巨大な貝柱が並んだような西門の跡がある。 説明版には西門発掘時の写真もあった。 「西門は、金堂と講堂の間の西方に位置し、伽藍地の西側の塀に開いていた門です。平成…

上総国分尼寺跡 復元回廊 千葉県市原市

埋文センター見学の後、せっかく市原に来たので、いくつかの遺跡・古墳を巡った。 まずは上総国分尼寺跡へ。 はじめに「史跡上総国分尼寺跡展示館」に入る。入館無料だが立派な施設で、大きなジオラマを使いながら当初の国分尼寺の姿を丁寧に解説していただ…

芹澤ガーデンギャラリー 須和田遺跡 千葉県市川市

前回のつづき。 国分寺・国分尼寺の次は、須和田遺跡を初探訪。その前に、遺跡入口手前にある芳澤(よしざわ)ガーデンギャラリーへ立ち寄った。ここは数台停められる駐車場があるが「車での来館はご遠慮ください」とあった。 平成14年に市川市の市制執行70…

下総国分寺 下総国分尼寺跡 千葉県市川市

日曜日の午前、上の子を英検受験会場の千葉商科大学へ車で送っていったついでに、近くの下総国分寺・国分尼寺跡と、芹澤ガーデンギャラリー、須和田遺跡、郭沫若記念館を訪ねた。 ・下総国分寺 現在も下総国国分寺を継承する真言宗豊山派の「国分寺」が建つ…

大勝院 小金城址駅 千葉県松戸市

前回のつづき。 大谷口歴史公園から、台地の端を反時計回りに進み、坂を上りきったところに「大勝院」がある。さきほどの大谷口歴史公園に続く台地上にあり、大きな幼稚園が併設されている。 山門の左に、詳細な由緒が刻まれた説明板があったが、検索してい…

大谷口歴史公園 小金城址 千葉県松戸市

前回のつづき。 本土寺参道の信号から、2車線の通りを下っていくと、左手に木が茂る台地が見えてくる。台地の端の道を歩いていくと、大谷口(おおやぐち)歴史公園の入口があった。 0.7ha(サッカー場1面ほど)と公園自体は広くはないが、千葉県最大級の中世…

本土寺 千葉県松戸市

日曜日の午後、当初は新松戸郷土資料館とセットで訪ねようと思ったが、そこは昨年3月に閉鎖していたことが途中でわかったので直接本土寺(ほんどじ)へ向かった。 常磐線北小金駅の北口から商店街を北に向かうと、大木の連なる並木の参道が見えてくる。くず…

堀之内貝塚 市川考古博物館(再訪) 千葉県市川市

とても暑い休日。子供の学校に行って用事を済ませた後、ついでに近くの博物館を再訪した。 堀之内貝塚がある丘にある市川考古博物館。 博物館入口横からは遠くまで見渡せる。 博物館正面の広場。前回来た時は3月で芝生に座れるような感じだったが、今回は草…

飯郷作遺跡 千葉県佐倉市

前回の続き。 端正な茅葺薬師堂を見た後に、本日の目的地である飯郷作遺跡(いごさくいせき)へ向かった。 「房総の古墳を歩く」にあったが未探訪だったところ。 http://www.haniwakan.com/kenkyu/boso/sakura.html 遺跡は佐倉西高校の校内にある。 下記の、…

泉福寺薬師堂 千葉県印西市

前回の続き。 印旛歴史民俗資料館を出てすぐのところに、「重要文化財 泉福寺薬師堂」という気になる案内板があった。そのまま宗像小学校の横を回りこんでいくと、お寺の山門の前に出た。 注連縄が、横一直線にピンと張られている。 正面に新しい本堂。 左に…

鳳来寺観音堂 西願寺阿弥陀堂 千葉県市原市

5/10の午後、子供と一緒に外出。いちはらアートミックスが気に入ったようで、前回行けなかったところを見たいと言うので早速出発。東関道、千葉外房有料道路、圏央道を乗り継いで、市原鶴舞ICで降り、月出工舎を目指す。 が、その前に、前回来た折に、道路沿…

印旛沼公園(師戸城跡) GW北総墳行③

道作古墳を訪ねたあと、南下して印西市立印旛歴史民俗資料館へ向かった。 が、休館日だった。下調べ不足。土日は開館だが、祝日と月曜が休み。 http://www.chiba-web.com/chibahaku/91/index.html 残念だったが、駐車場のとなりの墓地からの眺めはよかった。…

下総歴史民俗資料館 龍正院 公津原再訪⑤

滑河駅前の道を南下する。大きな鳥居のある坂道を上り、水田が見渡せる場所で小道に入り、田んぼの水面を一直線に横切る道を進んだ。正面少し左の丘の上が下総公民館で、公民館に向かい合うようにして「下総歴史民俗資料館」があった。 下総公民館の方にはガ…

成田駅界隈 公津原再訪④

公津原再訪のついでに、JR成田線の滑河(なめがわ、成田から2駅先)にある下総歴史民俗資料館へと向かった。成田駅で時刻表を見たら40分後だったので、駅界隈を歩いてみた。 駅を出てすぐ左手に広場のような不思議な空間があった。祠や大きな石碑が並び立つ…

麻賀多神社(手黒社) 公津原39号墳 成田ニュータウンの古墳⑤

前回からの続き。 「39号」は古墳群の最後の番号。他の古墳は1号から38号まで、台地上を北に向かって連なっていくが、当古墳だけ下図左端の少し離れた麻賀多(まかた)神社にある。 【再掲】10号墳にある案内板拡大図 ・麻賀多神社入り口。境内の右側に古墳…

六角堂 天王・船塚古墳群10号墳 成田ニュータウン(公津原)の古墳④

吾妻神社から北に150mくらいのところに珍しい形をしたお堂があった。 宝徳寺観音堂(2011年8月に焼失。2013年12月?再建) 以下は「房総の古墳を歩く」より。 「貞享元年(1684)に近江国柏原村の吉田又左衛門家次が設計したと棟札に記されています。立派な…

八代台古墳群 天王塚古墳 成田ニュータウン(公津原)の古墳③

玉作遺跡から八代台古墳群の一部である22番~24番を目指す。住宅街の生活道路を探していくと、とある一角が緑で盛り上がりがあっていた。 玉造4丁目9番地。 南側にある階段の上がちょっとした広場になっていて、円墳1基と方墳2基が寄り添っている。 ・22号墳…

八代台古墳群 八代玉作遺跡 成田ニュータウン(公津原)の古墳②

外小代公園を出て南に向かう前に、一旦台地の下に降りてみた。 公園沿いを道なりに北東方向に向かうとJR成田線の切り通しを渡る橋があった。 写真は橋から南側の成田方向。2,30mくらいの深さがある。 北側の下総松崎(しもうさまんざき)方向。台地を抜け…

飯綱神社 八千代市文化伝承館

前回からの続き。 七百余所神社から台地を降りると、新川(印旛放水路)に出る。 写真の方向に印旛沼がある。 印旛沼周辺では、江戸時代に利根川を東遷させてから洪水が頻発したので、東京湾に注ぐ花見川(河口では検見川)と、ここから南にあった分水嶺を切…

七百餘所神社古墳 千葉県八千代市

前回からの続き。 花盛りの梨園を過ぎ、宮内というバス停に至ると、けやきの巨木があった。 手前の木には案内板があった。七百余所神社の参道の名残りだそうだ。 枝の四方に大きく広がっている。雨宿りも充分できそうだ。 けやき横の民家の庭には、気になる…

村上神明神社(公園) 千葉県八千代市

根上神社からジョイフル本田の敷地を通り抜けると鳥居があった。 柵で囲われていることや森の奥行きの深くて見通せないことから、人を寄せ付けない雰囲気を出していたが、そこに引き込まれるように入ってしまった。 鳥居からの参道は下り坂で、下り切ったと…

利根運河

前回の続き 「運河」に行ったのは、ちょうど一週間前(3/15)の日経新聞朝刊の利根運河記事がきっかけだった。 39面、首都圏まるかじりというシリーズの「明治の大動脈 利根運河」 明治の半ばにオランダ人の設計・監督のもとに延べ200万人以上で8km全通させた…

岩名天神前遺跡 山崎ひょうたん塚古墳 千葉県佐倉市

前回からの続き 神崎から車で南に降りて国道51号線を西に向かう。 成田空港の下をくぐるトンネルを抜けて、渋滞の成田市街を過ぎ、国道296号を経由して佐倉の町へ。京成佐倉駅から北に向かう道を途中で小道を左に折れる。 崖線上に沿って複数の神社がある。…

中の城古墳 西の城貝塚 下海上国(神崎町)の古墳⑤

前回からの続き 大戸駅から成田方向に一駅行くと、下総神崎駅(こうざき) 駅から1kmの丘の上に中の城古墳がある。 古墳は神宮寺の裏手にある。大般若波羅密多経が、540巻も現存しているそうだ。 仁王門にも案内板があった。17世紀後半建立だが、造りの珍し…

香取神宮 下海上国(しもつうなかみのくに)香取市の古墳①

日曜日、朝から墳行。残念ながら今回も単独行。 自分にとって定番の、「房総の古墳を歩く」を参考に。 http://www.haniwakan.com/kenkyu/boso/sawara.html はじめに向かったのは香取神宮。 着いたのは10時台で駐車場もかなり空いていたが、1時間後には満杯に…

姉崎天神山古墳、姉崎神社、釈迦山古墳、鶴窪古墳 (千葉県市原市)

時間が残っていたので、姉崎神社周辺の古墳も巡る。 4月に来たときは、二子塚古墳を見た後、姉崎神社に参っただけだった。 「房総の古墳を歩く」の3つを巡る。 http://www.haniwakan.com/kenkyu/boso/anesaki.html 袖ヶ浦と車なら近いが、袖ヶ浦は小櫃川沿い…

お紬塚古墳、袖ヶ浦市郷土博物館、飽富神社(千葉県袖ヶ浦市)

・お紬塚古墳(おつむぎづか) 円墳 28m、周溝 50m 古墳時代後期 舌状台地先端からは300m奥まっている。 現在は切り通しの道路が横にあり、見晴らしのよい場所になっている。 正面からの道が古ければ、T字路突き当りの場所だったことになる。 竹やぶ越し…

睦沢町立歴史民俗資料館 妙楽寺大日如来坐像

・睦沢町立歴史民俗資料館 入場無料 能満寺から車で3分くらい。立派な資料館だった。油殿や能満寺古墳は長南町になるので展示はなかったが、平安期の宝冠如来像、毘沙門天、不動明王など見ごたえのある仏像や、江戸時代の島村円鉄の見事な建築装飾彫刻に見入…

飛ノ台史跡公園博物館

午後からは、飛ノ台史跡公園博物館へ。 船橋駅で東武に乗り換えて、新船橋で下車。巨大はイオンモールを抜けて、海神中学校の隣にある博物館へ。スマホ電池切れで、外観と屋外復元遺跡の写真は無し。 「縄文土器のふしぎ」展を見る。 地元出土の土器も多数。…